利息分しか返せない

利息分しか返せない

顔色をうかがいつつ借金の申し出をする

 個人間で借金をするときは、どうしても相手の顔色をうかがってしまいます。それは、今が借金の申し出をすべきタイミングなのかどうかを、冷静に判断しなければいけないと思っているからです。もしも、機嫌が悪いときに借金の申し出をすれば、その申し出はすげもなく断られてしまうでしょう。反対に何を言っても了承されそうな雰囲気の時は、簡単に借金の申し出も受け入れられます。
プロミス、借り方のコツ - 本人確認の方法

 

 このように個人間で借金をするときは、非常にそれを申し出るタイミングが重要になってきます。ただ、そんな風に顔色をうかがうのは必ずしも楽しいことではなく、むしろ情けなくなってしまいます。ですから、顔色をうかがいつつ借金の申し出をするなんてことは、あまりしないようにしましょう。

不要な分の利用限度額はデメリット

よくカードの限度額が自身が通常利用するよりも高めにしていると私たちは問題ないと誤解して必要よりもで決済してしまったりするきらいがあるようです。

 

このようなカードでの買い物のしすぎを避ける目的で決済可能な上限金額を事前に少なめに申請しておこう・・・というのがこの記事のメインとなります。

 

月ごとの限度額を減らす方法▼上限額を減らすには、限度額を増やす方法と等しくいたってスムーズです。
手元のカードのバックに載っている専用窓口に電話をかけて「月の限度額を下げてください」というふうに相手へ伝えるだけ。
普通は現時点でのカードの限度額に比べて少なければ時間のかかる調査なしで容易に限度額のコントロールが終わってしまいます。

 

月の利用限度額を少なくしておくのは資産を守ることに結びついている限度額を減らしておくことは節約という良いことだけではなくセキュリティにもつながります。
もし仮に、財布の中のクレジットカードが誰かの手に渡り偽造されてしまったような場合でも前もってクレカの月の限度額を厳しくしておくようにすれば実害を可能な限り最小限にすることも可能だからです。
安心して欲しいのはもしカードが悪用されたとしてもクレカのユーザーに意図的と言えるような問題がない限り盗難保険として知られるしくみがフォローしてくれるから不安を感じることはないのですけれど数パーセントの可能性のために普段必要ないようなカード上限額はセーブしておくと良いでしょう。

 

不要な分の利用限度額はデメリットなのです。

 

借金の返済ができなくなった場合

消費者金融などで借入したのはいいものの、返済ができなくなってしまったという人、こういった場合多くの人は
返済ができない後ろめたさから放置しがちになってしまいます。この放置は本当に危険極まりなく、通常の利息より
も高い利息を払わなければいけない状態になってしまいます。まずは返済が難しくなったとわかったときに借入を
した会社に事前に連絡を入れることが一番です。相手側もそういった人をたくさん相手にしてきていますから、
どうしたらいいのか提案もしてくれます。まずはきちんと誠意をみせて相手側と話をすることが大切なんです。
元金と利息を返済していく中で、それでは今月利息だけ支払いますかとかそういう方法もありますからね。とにかく
生活していく上でお金が返せない状況は神経をすり減らします。まずは相談することが大切です。

借金完済をするためのコツ

借金完済を早めるためには出費を抑えるのが一番です。
働いてお金を得るのも効果的なのですが、例えば一食千円のランチを一日三回食べるとそれだけで三千円の出費になりますが、これを自炊にすると一日500円程度の出費に抑える事ができるのです。
人によっては三千円を稼ぐために三時間以上掛かる人もいますが、出費を抑えるだけで三時間分の労働が浮くのです。
小銭でもなるべく出費を抑えたいです。
例えば缶ジュース、自動販売機で購入をすると現在は130円が掛かってしまいますが、十日飲むと1300円にもなりますよね。
一ヶ月、一年で考えると大金になります。
こういった出費を抑えて借金完済を目指して行きたいです。
小銭の出費は馬鹿にはできません。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ